経鼻内視鏡(胃カメラ)

鼻からの内視鏡検査を導入しております

当院では、鼻から挿入するタイプの胃カメラ(経鼻内視鏡)での検査を導入しております。癌などの早期発見には胃カメラ検査が欠かせません。
しかし、これまでの口からの胃カメラでは「吐き気が強い」「痛い、苦しい」などの理由で敬遠されがちでした。「経鼻内視鏡」はこれらの問題を解決したものなので、特に口からの胃カメラで過去に苦しい経験をされた方にお勧めです。

当院では平成19年(2007年)春より、開始しております。
経鼻内視鏡の実績はすでに約8500件を超え 、

  • 経口よりも苦しくない
  • 画面を見ながら医師と会話し、確認しながら検査をすすめられてよい

などの評価をいただいております。

経鼻内視鏡(胃カメラ)の特徴

カメラが細い

通常の口からの胃カメラの約半分の細さ
(カメラの外径5.9mm)

「おえっ」となりにくい

口からの検査では、個人差もありますが吐き気をもよおし、苦しい思いをされる方がいます。口からの挿入では、喉の奥の舌根という部分にカメラが当たることによって吐き気を誘発してしまいます。鼻からの挿入は舌根にカメラが触れないため、吐き気が格段に軽減されます。

検査中、モニター映像を見ながら会話が可能

検査中に質問や気分を医師やスタッフに伝えることが可能です。

すぐに日常生活に戻れます

眠くなる注射は使わずに検査出来ますので、検査後すぐに日常生活に戻れます。車の運転や食事も早く出来ます。

ご注意

  • 鼻からの麻酔を行ないます(局所麻酔ですので眠くなりません)。
  • 鼻腔の状態や患者様の様態によっては、鼻からの挿入が困難な場合があります。
  • この場合、口からの挿入しますが、胃カメラが細いため以前よりは楽です。
  • 鼻出血(鼻血)をきたす場合があります。
  • 検査前は食事を取らずご来院下さい。